2007年10月27日

アキハバラ@DEEP

 まず小説で読んですごくおもしろかったので、映画のアキハバラ@DEEPを見てみました。

 ストーリーとしては、取られたものを取り返すという単純なお話なんですが、アキハバラという空間を扱う関係上、さまざまな前提があるのですが、映画という限られた時間で、小説と同じように扱うのは非常に難しいと思いました。

 映画版も小説のクライマックスに焦点をあて、描いてはいるのですが、設定をそのままに描いていたため、各々のキャラクターや出会い方など、大事な部分が説明しきれずに、思い入れができないままクライマックスに突入するという感じです。

 山田優、格闘シーンなどがんばってはいるのですが、私のイメージではないので、これもやはり感情移入できません。成宮寛貴も主人公「ページ」のイメージではないですね。

 それと、佐々木蔵之助演じる悪役など、IT企業のVIPの面々もアップル立ち上げのころのヒッピーに近い格好には、何年前のイメージ?と笑ってしまいました。いまどきのIT関係の人は、もっとおしゃれでしょう。

 クライマックスシーンなど、結構よかっただけに、お話も割り切って、小説からの設定を変えてしまえば、もうちょっと感情移入できて楽しめる作品になったのかもしれませんね。
posted by KOZO at 17:52| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック